保険の相続に関すること

学資保険の特徴を利用

学資保険に加入するメリット

学資保険に加入しておけば、保護者に万一のことがあっても、子供達は進学することが可能になります。この商品では、子供が一定年齢に達し進学に必要なお金が要る時を満期として支払われる場合が多いです。保護者に万一のことが起こった場合には、保険料の支払いは免除されますが、満期時には通常通りお金を受け取れる商品です。よって、相続だけでは学費を払えない場合でも、子供は進学ができるのです。商品によっては、保護者に何かあった場合にはその期間の生活費も補填してくれるものもあり、子供を確実に進学させたいなら、加入する価値ある商品となります。

積立金の相続の行方は?

学資保険は子供の教育費を準備するための積立式の商品ですが、その契約者はほとんどの場合子供の親です。満期を迎えるまでの払い込み期間中に、契約者である親が死亡した時にはそれ以降の保険料の支払いが免除され、お金は満額受け取れることになっています。お金の受取人は契約者なので、満期時に受取人が生存していれば問題はありませんが、仮に死亡していた場合には被保険者である子供がお金を受け取ることになります。このようなケースでは、権利を被保険者である子供が相続したとみなされて、相続税の対象になります。

お知らせ

2016-12-27 自動車保険利用ならが更新されました。
2016-08-25 保険は定期的に相談が追加されました。
2013-03-13 保険の契約者についてが追加されました。
2013-03-13 相続税としての保険が追加されました。
2013-03-13 学資保険加入の時期が追加されました。

資産価値のある保険の情報

Copyright 保険の相続に関すること All rights reserved.