家族に嬉しい学資保険

保険の契約者について

学資保険で将来安心。

子供は、だんだん大きくなるにつれて、お金がかかるようになります。特に小学校、中学校、高校、大学と進学の節目には必ずまとまったお金が必要になります。入学金、授業料などかからない公立の学校でも、制服、勉強道具をそろえるために、結構な金額がかかります。そんな時、かけておいた保障金がおりると、本当に助かります。こつこつとかけておいて本当によかったと思うこと間違いなし!です。そしてありがたいことに、祖父母が孫のためにと、かけておいてくれたのです。涙が出るほどうれしかったです。いざというときに助けてくれる保険、まだ子供が小さいうちからかけておきましょう。

祖父母が契約者になるのは可能か

祖父母が学資保険の契約者になる場合には、いくつかの注意点があります。商品によっては、その子の親であるという条件がついているものもあります。年齢制限がある場合が多く、上限は50~60歳になっています。親であればこれはクリア出来ることがほとんどなのですが、祖父母となると引っ掛かるかもしれません。次に、保険料払込免除特則を付けることが出来なくなります。そして最後に、親権者である親の了解をえることが必要となってきます。このように、親意外が契約者となる場合には、気を付けなければならない項目がいくつかあるので、よく調べてから加入したほうがいいと思います。

資産価値のある保険の情報

Copyright 保険の相続に関すること All rights reserved.