保険は早期加入がお薦め

学資保険加入の時期

学資保険はいつからかける?

子供が生まれたら、将来のために学資保険をかけてあげようと思いますよね。でも、一体いつからかけたらいいのか迷いますね。この商品は、かけるタイミングが早ければ早いほど保険料が安く、戻り率も高くなります。ということは、生まれてすぐにかけてあげるといいということになりますね。ですから、生まれる前にじっくりどこの保険に入るかどんなプランにするか検討しておいた方がよいでしょう。また、最近は胎児のうちに学資保険に入れる会社もありますから、安定期に入ったらぼちぼち考え始めてもいいかもしれませんね。大切な子供のためのものですから、早めにかけてあげてくださいね。

加入のベストタイミング

自身の子どもに学資保険をかけたい、そう思う親御さんは多いです。しかしその大半が「いつ保険をかけたらいいんだろう」と、加入するタイミングを逃している状態です。一般的には0歳から5歳の間に入るのが理想的といわれています。そう、早い人は生まれたその時から将来を見据えて加入するのです。早く加入することで支払いは安くなり、小学校の入学の際などにはお祝い金がもらえます。逆に子どもが成長してからだと、親や子の年齢で色々な特約に制限がかかり、損をすることもあります。とは言え、タイミングを逃してしまっても商品の種類は様々でどれも一長一短です。どの商品に入るかは、色々な会社を比べてよく決めるのが一番です。

資産価値のある保険の情報

Copyright 保険の相続に関すること All rights reserved.