祖父母から孫に贈る保険

相続税としての保険

学資保険と相続税対策について

学資保険を始めようとしても、夫婦の稼ぎだけではあまり保険料を出すことができないし、かといってあまりに低い額の金額では、結局肝心なときの出費を賄いきれるだけの保険金が出ないことになります。この傾向は特に若年夫婦にとっては悩みの種でしょう。そんなときには、夫婦にとっての親が、つまり祖父母が孫の為に入るのが良いのです。何故ならば、祖父母が孫の為に積み立てをすると、年間110万円までは非課税で贈与することができるのです。そのため、相続税の心配がある場合には、この方法がもっとも賢い相続税対策となるのです。

相続税対策のための利用法

伸びない税収により、相続税のアップも噂される日本ですが、どうせ税金を支払うのならば、もう少し有効に使いたいと考える人も多いはずです。そのようなときには、学資保険を利用するという方法があります。特に昨今は、不況により給料が伸び悩んだり、住宅ローンや子供の学習塾の費用などにより生活が余裕がない夫婦に代わって、祖父母が孫に学資保険をかけるというのも増えてきています。年間110万円までは非課税で贈与できる基礎控除枠に収まるので、その制度を利用するのです。積み立てにより確実に残っていくものなので、手堅い方法です。

資産価値のある保険の情報

Copyright 保険の相続に関すること All rights reserved.